PAGE
TOP

新型コロナ流行の影響について

通常どおり開館しています。
ご来館の際はマスクの着用入館票への記入にご協力下さい。
また、発熱時体調不良時は来館をお控えください。

展覧会

上田紬とりんご染め ~小岩井紬工房展~

9月10日(金)~開催予定でしたが、臨時休館に伴い、9月13日(月)~に変更となりました。ご了承ください。

信州紬の中でも「三裏紬(みうらつむぎ)」とも呼ばれる丈夫さが特徴の上田紬の企画展。 「紬」は真綿を紡いで作られる織物です。「真綿」は繭を煮て引きのばしたもので、古くから養蚕業が盛んだった地域では、生糸に適さない屑繭などを真綿にし、真綿から紡いだ糸で紬が織られました。

上田に工房を構える「小岩井紬工房」は、伝統的な縞や格子の上田紬のほかに、長野のりんご樹皮で染めた糸を使った「りんご染め」を制作しています。

上田紬の伝統と現代の技、さらにはりんごの品種によっても異なる色味から紡ぎだされる美しいコントラストをご覧ください。

 

≫詳しくはこちら

『岡信孝記念展示室』  土蔵に咲く菊の花

岡画伯の描く菊の花の日本画と、岡コレクションから菊花が描かれたアンティーク着物を展示しています。

≫詳しくはこちら

イベント

「重陽の節句」9月~10月

「重陽の節句」とは別名「菊の節句」とも呼ばれ、9月9日に無病息災や長寿を願った五節句の一つです。 須坂クラシック美術館で重陽の節句を楽しみませんか。

9月のワークショップ中止に伴い、9月26日(日)の日程が10月24日(日)に変更となりました。内容は変わりません。

「和のハーバリウム」作り10月3日(日)、10月24日(日) 事前予約が必要です。
「土蔵に咲く菊の花」 8月13日(金)~10月12日(火)
「後の雛」 9月10日(金)~10月13日(水)

≫詳しくはこちら

おうちで和~くしょっぷ

一年を通して須坂クラシック美術館の主屋で開催している「和」のワークショップ。
館内で長時間の体験をし辛い状況から、昨年よりおうちで楽しめる作成キットの販売をしています。
「須坂クラシック美術館に行きたいけど行けない」「前にやったワークショップをもう一度やりたい」・・・という方々はどうぞこの機会におうちで和のワークショップを楽しんでみませんか?
おうちで楽しんだ後は、落ち着いた頃に須坂クラシック美術館に足を運んで明治時代の建物で「和」のワークショップを楽しみましょう。

≫詳しくはこちら

きもの試着体験

須坂クラシック美術館の所蔵品を復刻した「復刻銘仙着物」や昭和期の着物の貸し出し・着付けをいたします。明治から昭和初期にかけて「生糸」で栄えた蔵造りの町並みが残る須坂。趣ある町並みへと、絹の着物を着て出かけませんか。

きもの試着体験

「はかま」「男物きもの」の貸し出し始めました
「身長が高くてアンティーク着物を着られない」「夫婦で体験したい」などの方のために、女性用はかまと、男性きものをご用意しました。
※ご用意が少数ですので、お早目のご相談・ご予約をお願いいたします。

「はかま」「男物きもの」の貸し出し

須坂クラシック美術館SNS

フェイスブック
ツイッター
インスタグラム

 

インフォメーション

展示替え臨時休館日

5月24日(月)~26日(水)

おうちで和~くしょっぷ

館内で長時間の体験をし辛い状況から、昨年よりおうちで楽しめる作成キットの販売をしています。おうちで和のワークショップを楽しんでみませんか?

≫詳しくはこちらから

須坂MAPトートバッグ付 5館周遊カード

須坂クラシック美術館 「きもの文化賞」受賞

民族衣裳及びその染・織・文様・造形等に関する知識を一般に広めた方々、また民族衣裳の伝統技術者および研究者の方々を各界の学識経験者から推挙いただき次の世代に正しく伝承するための第35回民族衣裳文化功労者表彰式において、須坂クラシック美術館が「きもの文化賞」を受賞しました。

≫詳しくはこちら

Copyright(C)2004-2017 Suzaka City Cultural Promotion Agency. All Rights Reserved.