PAGE
TOP

臨時休館のお知らせ

2022年11月10日(木)~11月18日(金)
展示替えのため臨時休館

新型コロナ流行の影響について

通常どおり開館しています。
ご来館の際はマスクの着用入館票への記入にご協力下さい。
また、発熱時体調不良時は来館をお控えください。

新着情報

2022.9.30
11/3(木・祝)「きもの日和 in信州須坂2022」のお知らせ
11/19(土)~「岡信孝卒寿記念展「心の花」」のお知らせ
2022.9.3
実証運行「スザカのサスガをさがすバス」利用者は、 乗車券提示で9月~10月の日曜・祝日は入館料が無料になります。 ⇒詳細はこちらをご覧ください。
2022.8.20
9月9日(金)~10月11日(火)「重陽の節句」のお知らせ

展覧会

収蔵品展~夏から秋へ~ 2022年8月5日(金)~10月11日(火)

収蔵品の中から、夏から秋への季節の移ろいを感じさせる着物や古民芸品を展示。 9月7日まで、季節を先取りした秋草の描かれた夏物の着物と、涼を感じさせる大正ガラスを一堂に展示。 9月8日からは、一部展示替えして、「菊花」の描かれた着物や収蔵品を展示。

≫詳しくはこちら

イベント

きもの日和 in信州須坂2022

2022年11月3日(木・祝) 10時~15時

※着物をお召しの方は当日入館無料  

着物で須坂の町を楽しむイベントです。毎年恒例となった着物の虫干し会では、約50着の着物を間近でご覧いただけます。 そのほかに、着物で町歩きや、着物の着付け・貸出サービス、コラボ菓子など、たくさんのお楽しみをご用意しております。(事前予約が必要なものがあります)  

≫詳細はこちら

重陽の節句 9月9日(金)~10月11日(火)

「重陽の節句」とは別名「菊の節句」とも呼ばれ、9月9日に無病息災や長寿を願った五節句の一つです。 須坂クラシック美術館で重陽の節句を楽しみませんか。

菊のちりめん細工 9月18日(日) 10時~12時
後の雛
 9月9日(金)~10月11日(火)

 

≫詳しくはこちら

 

 

 

おうちで和~くしょっぷ

一年を通して須坂クラシック美術館の主屋で開催している「和」のワークショップ。
館内で長時間の体験をし辛い状況から、昨年よりおうちで楽しめる作成キットの販売をしています。
「須坂クラシック美術館に行きたいけど行けない」「前にやったワークショップをもう一度やりたい」・・・という方々はどうぞこの機会におうちで和のワークショップを楽しんでみませんか?
おうちで楽しんだ後は、落ち着いた頃に須坂クラシック美術館に足を運んで明治時代の建物で「和」のワークショップを楽しみましょう。

≫詳しくはこちら

きもの試着体験

須坂クラシック美術館の所蔵品を復刻した「復刻銘仙着物」や昭和期の着物の貸し出し・着付けをいたします。明治から昭和初期にかけて「生糸」で栄えた蔵造りの町並みが残る須坂。趣ある町並みへと、絹の着物を着て出かけませんか。

きもの試着体験

「はかま」「男物きもの」の貸し出し始めました
「身長が高くてアンティーク着物を着られない」「夫婦で体験したい」などの方のために、女性用はかまと、男性きものをご用意しました。
※ご用意が少数ですので、お早目のご相談・ご予約をお願いいたします。

「はかま」「男物きもの」の貸し出し

iオリジナル商品のご案内

旧越家住宅所蔵の渋沢栄一が記した 掛け軸をモチーフにオリジナル商品を作成しました。
12月3日(月)より販売中

≫チラシダウンロード

須坂クラシック美術館SNS

フェイスブック
ツイッター
インスタグラム

 

インフォメーション

展示替え臨時休館日

5月30日(月)~6/2日(木)

おうちで和~くしょっぷ

館内で長時間の体験をし辛い状況から、昨年よりおうちで楽しめる作成キットの販売をしています。おうちで和のワークショップを楽しんでみませんか?

≫詳しくはこちらから

須坂MAPトートバッグ付 5館周遊カード

須坂クラシック美術館 「きもの文化賞」受賞

民族衣裳及びその染・織・文様・造形等に関する知識を一般に広めた方々、また民族衣裳の伝統技術者および研究者の方々を各界の学識経験者から推挙いただき次の世代に正しく伝承するための第35回民族衣裳文化功労者表彰式において、須坂クラシック美術館が「きもの文化賞」を受賞しました。

≫詳しくはこちら

Copyright(C)2004-2017 Suzaka City Cultural Promotion Agency. All Rights Reserved.