HOME>開催中の展覧会

開催中の展覧会

■ 展示室1・2
夭折の銅版画家 清原啓子展~幻想~
■ 小林朝治記念室
小林朝治と山口進の芸術オリンピック
■ 平塚運一版画美術館
平塚の裸婦~裸婦百態から~

※休館日・料金については、展示内容によって変更される場合があります。

展示室1・2


夭折の銅版画家 清原啓子展~幻想~

会期:2021年7月17日(土)~9月20日(月) 

銅版画家、清原啓子(1955年〜1987年)が、生涯で制作した作品のほとんどを展示 し、尚且つ、銅版画作品に劣らず、緻密に描きこまれたエスキースも併せて紹介 します。

小林朝治記念室

≪スキー≫1925年 木版

≪スキー≫1925年 木版

小林朝治と山口進の芸術オリンピック

会期:2021年7月3日(土)~9月20日(月)

過去、オリンピックには芸術競技があったことをご存知でしょうか。小林朝治と山口進のベルリンオリンピック出品作3点と、カタログ(出品作品図録)や記念メダルなどの資料を紹介します。

平塚運一版画美術館

≪流れ雲≫(裸婦百態49)

≪流れ雲≫(裸婦百態49)

平塚の裸婦~裸婦百態から~

会期:2021年7月3日(土)~9月20日(月)

収蔵品より、平塚運一の晩年の代表作である《裸婦百態》を展示します。
運一は「裸婦に始まり、裸婦に尽きる」という信条をつねに持ち続けながら、裸婦像のデッサンにとりくみ、版画を試作しました。70歳を超えてから渡米し、1963年より制作された《裸婦百態》は100点におよぶ裸婦像版画とそれぞれに100点の自作の詩が添えられています。肌の弾力やその場に流れる空気、運一独自のユーモアあふれる表現をお楽しみください。

pagetop
Copyright(C)2004-2016 Suzaka City Cultural Promotion Agency. All Rights Reserved