小池千枝の生涯

1916年
長野県須坂市で米穀商を営む父花園亀(ヒサシ)、母咲(さく)の第二子長女として生まれる。
1933年
須坂高等女学校卒業後、文化裁縫女学校(現、文化服装学院)本科に入学。
文化裁縫女学校で最初に出会った同級生 文化裁縫女学校で最初に出会った同級生
後列右から3番目
1934年
研究科に進む。
1935年
研究科卒業と同時に学院に残り教員の道を選ぶ。助手として最年少19歳の「先生」となる。
文化裁縫女学校の助手になる 展覧会
文化裁縫女学校の助手になる
最前列右
展覧会
後列中央
1940年
兄の友人であった商社勤務北京駐在の長野市出身の小池正治と結婚。 学院を退職し北京へ。
小池正治と結婚。北京へ 小池正治と結婚。北京へ
1944年
夫に召集令状が届いたため小池圭子・頌子の2人の娘を連れて須坂市の実家 に帰国。
長野市にて
1945年
夫が沖縄で戦死。実家の米蔵に座り机を並べ洋裁教室を始める。
1945年
文化服装学院の誘いによりに学院に復帰。単身東京へ。
1951年
デザイン科を新設し初代デザイン科長に就任。
デザイン科1期生入学 デザイン科1期生と
デザイン科1期生入学 デザイン科1期生と
デザイン科1期生と 授業風景
デザイン科1期生と 授業風景
1954年
38歳のとき母親に娘2人を実家に預けて単身渡仏。
見送りを受けパリに向かう。東京駅で 秋田丸
見送りを受けパリに向かう。東京駅で 秋田丸
1954年
途中エジプトにて民俗人形コレクション第1号となる人形を購入。
民俗人形コレクション第1号  
1954年
パリ・オートクチュール組合学校(半官半民営)の外国人のための教室に入学。
1954年
クラスメイトにイヴ・サン=ローランが、隣のクラスには、カール・ラガーフェルドがいた。
1954年
フランスではオートクチュールの立体裁断に衝撃を受ける。
パリに持って行った唯一の着物
パリに持って行った唯一の着物
パリ
パリ
パリ
パリ
ディオールの店を訪ねて  
ディオールの店を訪ねて
1955年
フランス製の人台(ボディー・トルソー)1体を抱え帰国。
パリから帰国 パリから帰国
立体裁断の講座を開く「洋裁」ではなく「服装造形」を強調。日本人向きのボディの作成にとりかかる。
1957年
文化服装学院として男子学生の入学を推進。
初代男子学生と 初代男子学生と
初代男子学生と
1960年
文化女子短期大学(現文化女子大学)の助教授に就任。
1964年
文化女子大学家政学部助教授に就任。
1965年
文化女子大学家政学部教授に就任。
立体裁断の授業風景 立体裁断の授業風景(1665年)
1976年
文化服装学院副学長に就任
1983年
同学院の10代目学院長に就任。
学院長就任お祝いの会
学院長就任お祝いの会
学院長就任お祝いの会
学院長就任お祝いの会
1985年
専修学校教育功労者文部大臣賞受賞
1989年
財団法人衣服研究振興会第10回「服飾文化賞」受賞
1990年
文化服装学院名誉学院長に就任(2002年まで)
1993年
勲四等瑞宝章受章
勲四等瑞宝章受章
勲四等瑞宝章受章
勲四等瑞宝章受章
1994年
世界の民俗人形コレクション約1,200体を須坂市に寄贈
世界の民俗人形博物館開館 世界の民俗人形博物館開館
1997年
世界の民俗人形博物館名誉館長に就任
世界の民俗人形博物館名誉館長に就任 イブ・サンローランアトリエ(2004年)
世界の民俗人形博物館名誉館長に就任 イブ・サンローランアトリエ(2004年)
ケンゾーさんとバスチーユの家(2004年) 授業風景
ケンゾーさんとバスチーユの家(2004年) 88歳のお祝い(2004年)
2007年
第14回 信毎賞 受賞
信毎賞受賞記事 信毎賞 受賞記事
2014年
5月28日 老衰により死去。98歳
世界の民俗人形博物館名誉館長に就任 イブ・サンローランアトリエ(2004年)
小池千枝先生を偲ぶ会(2014.12.10 須坂 世界の民俗人形博物館にて)